2018年は戌年。犬にまつわる楽曲まとめ

  • 季節
KKBOX編集室

新年あけましておめでとうございます!今年もKKBOXをどうぞよろしくお願いいたします!!

今年は戌年。ペットとしてはここ10年以上はなんとなく猫人気に押され気味でもありますが、干支には猫はいないぜ!ということもあり、犬にちなんだ楽曲を集めてみました。犬の曲は、犬そのものについて歌った曲は悲しいものが多く、また割合としては比喩的に使われていることがたくさんあります。


忘れらんねえよ「犬にしてくれ」

好きな娘が他の人と数日後に結婚することになり、そばにいたいから犬にしてくれという切ない曲。「犬になって 犬になって 君の布団に入りたいよ」というフレーズが泣かせます。


高橋優「犬」

犬はときに「従順」な比喩として用いられることがあります。「権力の犬」など。ひょっとしたら日本人全般に向けているのでは?とも取れるプロテストソング。


エイジアエンジニア「犬のうた ~ありがとう~ 」

ボーカリストSHUHEIが亡くなってしまった愛犬ゴーを想って書いた曲。インターネットでデモ音源を公開後、多数の要望が寄せられてCD化された感動の曲。ゴーの写真がスライドショーで作られたMV『犬のうた ~ありがとう~』フォトトレイラーも検索して見てみてください。



ショパン「小犬のワルツ」

クラシックで一番有名な犬の曲といえばショパンのワルツ第6番変ニ長調 作品64-1「小犬のワルツ」。どこかで必ず聴いたことがある曲です。ほかクラシックではエリック・サティの「犬のためのぶよぶよとした前奏曲」という曲もあり、これはプレイリストに入っています。



Big Mama ThorntonHound Dog

エルヴィス・プレスリーで有名なこの曲のオリジナル。ここでの犬は女性の立場から「あんな女たらし、ただの犬」みたいな比喩的に表現されています。犬がタイトルに付いた曲はこういう比喩が、猫と比べると多いですね。



Snoop Doggy DoggDoggy Dogg World

ラッパー、Snoop Doggy Doggのアルバム『Doggystyle』に収録。単語の「Dog」登場回数の多さで選曲しました。英語での「Doggy(またはDoggie)は幼児言葉のようで日本語の「ワンちゃん」というニュアンスに近いそうです。スラングでは友達という意味もあるようですが、更にディープなスラングとなると計り知れません。

KKBOX編集室

KKBOX Japan編集室

関連アルバム

関連記事