chiisanatenohira

Preview

Open KKBOX

Lyricist: 太志   Composer: 太志

体は仆の心のことを仆よりわかってくれてる
我的身体比我的心里还要了解我自己

紧张すれば 掌に汗が渗む
只要一紧张 手掌心就会出汗

いつだったかなぁ 奥歯を噛み 立ち止まらせてはずの涙に
从什么时候开始的呢 咬紧牙根 硬是止住了泪水

悲しみを悲しむということを教わったのは
是你教我什么是悲伤

希望の言叶をたくさんバッグに诘め込んで旅に出た
在我的背包中装满了希望与鼓励的话陪我走上这旅程

引き返す度に 君は受け止めてくれた
每当我想要走回头路时 你却总是阻止了我

いつの日も 言叶を选べず途方に暮れる仆
那一天 不善言语表达的我

言叶に頼らず抱きしめる君
和不透过语言直接抱住我的你

君の方がずっと淋しい思いをしてきたのに
但明明是我总是让你只留下寂寞的回忆啊

しゃがみこむ背中をさすってくれる いつもそばにある小さな掌
轻轻触碰我不动的背后 永远是你陪伴在我身边的那小小的手掌

どんなに绮丽に饰られた言叶よりも その温もりに助けられてきた
比起任何华丽的言语 这个温度才是真正支持我的力量

何もかもうまくいく时ではなく 何もかもうまくいかぬ时にこそ
人生并不会总是顺利的 正是因为不顺遂的时刻

人は大切な存在に気づくのでしょう どんな仆も爱してくれる君へ
人才会察觉到自己最重要的东西吧 给不论是怎样的我都爱我的你

ありがとう いつもそばにいてくれて
感谢你 总是陪伴在我身边

草むらに横たわって 流れる云を眺めると
穿越草原 眺望远方的云

静かな心を取り戻すことができた
可以稍微平复我那忐忑不安的心

少しだけ 昨日よりも优しくなれる気がするその场所で
稍微 回到感觉比昨天还要安心的场所

一人では生きていけぬこと かみしめてた
终于明白 一个人是无法孤独生存的这件事

それでも遥か彼方 ゆれる奇迹の花に魅せられて
即使如此 在遥远的另一端 盛开著令人媚惑的花朵

守り抜くべき日常を枯らしてしまう
应该要坚守的每一天却渐渐枯萎

もっと昔 青春を青春とも知らず 駆け抜けてから気付いたように
就像过去 不知所谓的青春的可贵 直到失去青春后才惊觉一般

大切な人の大切さを见过ごしてく
才知道要珍惜自己最珍贵的人

美しい想いだけじゃ生きられず 约束の空も汚してしまえた
只有虚而不华的幻想是无法生存的 连发下誓言的天空都污浊了

あんなに绮丽に透き通る空の下で その青に「必ず...」と誓ったのに
明明之前在如此美丽的天空之下 对著青天发誓 我一定要…

ひび割れた理想を手离せぬまま 生きてきた日々を思い返すけど
永不放弃那破碎的梦想 回想著过去的日子

后ろばかり见てたら明日が哀しむから 人は前に进むしかないんだよ
如果只是回忆过去明天也会变哀伤 人活著就是要向前迈进

目の前にいる爱すべき人のためにも
就算是为了眼前那最重要的人

目に见えぬ伤迹をさすってくれる 优しい掌があるということ
为我抚平那肉眼看不见的伤口 有那么一双温柔的双手

世界中に拍手をもらうことよりずっと 大切なものがそばにあった
比起全世界都为我喝采 更重要的东西就在我身旁

忙しく暮らす日々に迷い込み 思いやりが无意味に思えても
每日不停忙碌一天比一天迷惘 就算思考也是无意义

二度となくしてから気付くことのないように
希望不要再有第二次失去后才知道珍惜的事

こんな仆を爱してくれる君に 「ありがとう」の诗をつくりました
对这样的我如此深爱的你 我想说声谢谢你

言叶じゃ足りない きっと追いつけないよ
言语已经不足以形容 一定无法匹敌的

言叶じゃ足りないけど、ありがとう
虽然言语不足以形容 但是我真的感谢你