Lyricist: 椎名未緒   Composer: 椎名未緒


これが最后になるとも知らずにただ手を振った
事の颠末は君の中にのみ在り 仆は知らない

この角を一つ曲がると君の家への近道で
通り惯れたはずの道すらも何処か切なく感じる
何もかも无かったように忘れられると思ったの?
结局届いたのは心の无い冷めきった文字の罗列のみだった

それでも马鹿な仆は信じていたかったんだ
だから気付かないフリをしていたんだよ 终わりの予感

きっと初めから二人の未来は决まってたんだ
春の访れを待たずに去り行く君が
あの笑颜の里侧に何を隠していたのか
本当の颜すらも 仆は知らない

何もかも无かったように简単に忘れられてしまう
君の首に今も挂かる仆からの壊れた爱の证

爱と呼ぶにはあまりにも稚拙な二人

君が绮丽事で饰った最后の嘘
そんな事すら仆には见抜けないと思っていたの?
谁の为とか答えとかそんな事はどうでもいいんだよ
见え透いた嘘なんて 仆は要らない

人と人との爱情なんて例外无く脆弱だから
何よりも大切にしたい…なんて 柄にも无く思っていたんだ
でも知らなかったよ 大切にすればする程
こういう时に虚しさが残るものなんだね

きっと初めから二人の未来は决まってたんだ
春の访れを待たずに去り行く君が
あの笑颜の里侧に何を隠していたのか
本当の颜すらも 仆は知らない

どれだけ大切にしたとしても
终わってみれば何もかもがただの梦の様だよ
仆がどれだけ君の事を爱していたか
本当の仆の気持ちなんて 君は知らない

君は知らない

Preview Open KKBOX

Lyricist: 椎名未緒   Composer: 椎名未緒


これが最后になるとも知らずにただ手を振った
事の颠末は君の中にのみ在り 仆は知らない

この角を一つ曲がると君の家への近道で
通り惯れたはずの道すらも何処か切なく感じる
何もかも无かったように忘れられると思ったの?
结局届いたのは心の无い冷めきった文字の罗列のみだった

それでも马鹿な仆は信じていたかったんだ
だから気付かないフリをしていたんだよ 终わりの予感

きっと初めから二人の未来は决まってたんだ
春の访れを待たずに去り行く君が
あの笑颜の里侧に何を隠していたのか
本当の颜すらも 仆は知らない

何もかも无かったように简単に忘れられてしまう
君の首に今も挂かる仆からの壊れた爱の证

爱と呼ぶにはあまりにも稚拙な二人

君が绮丽事で饰った最后の嘘
そんな事すら仆には见抜けないと思っていたの?
谁の为とか答えとかそんな事はどうでもいいんだよ
见え透いた嘘なんて 仆は要らない

人と人との爱情なんて例外无く脆弱だから
何よりも大切にしたい…なんて 柄にも无く思っていたんだ
でも知らなかったよ 大切にすればする程
こういう时に虚しさが残るものなんだね

きっと初めから二人の未来は决まってたんだ
春の访れを待たずに去り行く君が
あの笑颜の里侧に何を隠していたのか
本当の颜すらも 仆は知らない

どれだけ大切にしたとしても
终わってみれば何もかもがただの梦の様だよ
仆がどれだけ君の事を爱していたか
本当の仆の気持ちなんて 君は知らない