バラ色の夜明け (feat. MEIKO)

Lyricist: Asaki No'9     Composer: Asaki No'9

偏り过ぎた思い出が 沈めば夜明けが近づく
潮目に落とした希望では何にも吊れる気がしない

言い訳ばかりの答弁に疲れた政治家みたいに
波の无い海に漂うあなたはまるで难破船

使い古された言叶 爱の歌で近づいて来る
干いた世间の海から私が守ってあげましょう

あぁ 振り返ればバラ色 夜明けはもう迫り来る
でもあなた気付かず叹き続けるのでしょう
心配无い明けない夜は无いから そう信じよう

世间の骂声を浴びて歩こう 波しぶきみたいに心地良く
时代に乗るのはやめましょうよ 自分を见失う运命だから

谁かのせいにしてるとあなたが小さくなるだけよ
真っ直ぐ信じた未来は谁にも邪魔はさせないの

そう 振り返ればバラ色 夜明けはもうそこまで
怯えても叫んでみても 待ってくれない
バラ色の夜明けが本当の始まりなの
谛める事なんかもう谛めなさい

バラ色に染まった宇宙との约束と
私も立ち入れない场所を あなただけ进み
抱いていた梦を解き放て 绝やさず そう永远に

揺らめくバラ色の夜明けは 去って行く あぁ雾のように