Lyricist: jyumpei makino   Composer: jyumpei makino・taiyo doki


夕立に溶け込んだ 窓を开けるとそこには夏がいて
日々はいつしか早歩きで 仆を置いて1人旅立っていた
夕立に溶け込んだ あいも変わらず仆は仆のままで
过去の中に生きているの きっとこの先も ずっとそうだ
今日が过ぎていく 明日が来る事を忘れて
自分が无力だってこと 気付けただけで良かったみたいだ
いつか仆が仆の待つ丘まで 自分の色见出だせるとしたら
ここで育つ花になって 言い訳もどこかへ薄れて
伞のない花になれるみたいだ
今日が过ぎていく 明日が来る事を忘れた日々が白黒になっていて
自らの首を缔めていることは 分かってる
きっと分かってる...
いつか仆が 君の待つ丘まで 自分の色见出だせるとしたら
ここで育つ花になって 言い訳もどこかへ薄れて
伞のない花になれるみたいだ

h.e.w.

Preview Open KKBOX

Lyricist: jyumpei makino   Composer: jyumpei makino・taiyo doki


夕立に溶け込んだ 窓を开けるとそこには夏がいて
日々はいつしか早歩きで 仆を置いて1人旅立っていた
夕立に溶け込んだ あいも変わらず仆は仆のままで
过去の中に生きているの きっとこの先も ずっとそうだ
今日が过ぎていく 明日が来る事を忘れて
自分が无力だってこと 気付けただけで良かったみたいだ
いつか仆が仆の待つ丘まで 自分の色见出だせるとしたら
ここで育つ花になって 言い訳もどこかへ薄れて
伞のない花になれるみたいだ
今日が过ぎていく 明日が来る事を忘れた日々が白黒になっていて
自らの首を缔めていることは 分かってる
きっと分かってる...
いつか仆が 君の待つ丘まで 自分の色见出だせるとしたら
ここで育つ花になって 言い訳もどこかへ薄れて
伞のない花になれるみたいだ