even if(原唱:平井堅)

Lyricist: 平井堅    Composer: 平井堅
“たまたま见つけたんだ”ってさっき言ったけど
ほんとはずっと前から君を连れて来たかったんだ

キャンドルが优しく揺れる この店のカウンターで
君はうれしそうに 彼にもらった指轮を眺めてる

君の心に 仆の雫は落ちないけど
このバーボンとカシスソーダがなくなるまでは
君は 君は 仆のものだよね

键をかけて 时间を止めて 君がここから离れないように
少しだけ酔い始めてるのかな 本当の気持ちだけど
君も少し酔った方がいい そして仆の肩に寄りかかればいい
だけど全ての言叶をまた饮み干して 君から目をそらした

会话が途切れて 二人の时间がさまようたび
きまって君は彼の话ばかりを缲り返す

君のことはどんな事でも 知りたいはずなのに
言叶をさえぎるためだけに 烟草に火をつけた

君のグラスは 他の谁かで満たされてる
このバーボンとカシスソーダを饮み干したら
君は 君は 彼の胸に戻るの?

键をかけて 终电を越えて 君がこの店から帰れないように
今はただ独りよがりだけど 本当の気持ちなんだ
君もいっそ酔ってしまえばいい そして彼のことを忘れちゃえばいい
だけど残りのバーボンをいま饮み干して 时计の针を気にした

そりゃかなり酔っ払っているけど その责任は君なんだから
键をかけて 终电を越えて 时间を止めて