Lyricist: 町屋   Composer: 町屋


风薫る并木の中を駆ける様な
思い出のひとつひとつを
仆は拾い集めている

目を闭じて息を吸い込む
深く、长く
追忆の向こう侧へ
仆は空を仰ぐ

君はもうここには居ないと
ほんとは知っていて
だけど、ねぇもう少しだけ
思い出に浸らせて

頬を伝う涙落ちて光る

ねぇ、谁も彼も孤独の中で
今日も息を吐いて
伤付け合って、慰め合って
暖め合いましょう
今も瞳の奥に焼き付いたまま
まだ离れないの
両手で塞いで、覆い隠して
忘れる日が来るから

木漏れ日が射す公园に座り込んで
君の居ない左侧に不意に风が吹いた

いつも无理して笑っていた
あの日の横颜や
雨の日に涙を隠した
あの日の横颜が

酷く胸を缔め付けては
苦しくて、苦しくて、
睑闭じた

ねぇ、君はいつも孤独の中で
全部知らないフリ
仆を守って、伤付けられて
笑っていたんだろう
互いを认め合って分かり合えてた
そんな胜手なこと
知った気になって、胜手に生きて
苦しめてたって今、思うんだ

时は今も流れ仆は君を想う
大切さを伝えたかった

ねぇ、君はいつか何処か
谁かをきっと好きになって
大人になって、他人になって
薄れていくだろう
仆はもう少し君を忘れるのには
まだかかりそうで
相変わらずの爱想笑いで
误魔化してばかりなんだ

ねぇ、谁も彼も孤独の中で
今日も息を吐いて
伤付け合って、慰め合って
暖め合いましょう
今も瞳の奥に焼き付いたまま
まだ离れないの
両手で塞いで、覆い隠して
忘れる日が来るから

追憶

Preview Open KKBOX

Lyricist: 町屋   Composer: 町屋


风薫る并木の中を駆ける様な
思い出のひとつひとつを
仆は拾い集めている

目を闭じて息を吸い込む
深く、长く
追忆の向こう侧へ
仆は空を仰ぐ

君はもうここには居ないと
ほんとは知っていて
だけど、ねぇもう少しだけ
思い出に浸らせて

頬を伝う涙落ちて光る

ねぇ、谁も彼も孤独の中で
今日も息を吐いて
伤付け合って、慰め合って
暖め合いましょう
今も瞳の奥に焼き付いたまま
まだ离れないの
両手で塞いで、覆い隠して
忘れる日が来るから

木漏れ日が射す公园に座り込んで
君の居ない左侧に不意に风が吹いた

いつも无理して笑っていた
あの日の横颜や
雨の日に涙を隠した
あの日の横颜が

酷く胸を缔め付けては
苦しくて、苦しくて、
睑闭じた

ねぇ、君はいつも孤独の中で
全部知らないフリ
仆を守って、伤付けられて
笑っていたんだろう
互いを认め合って分かり合えてた
そんな胜手なこと
知った気になって、胜手に生きて
苦しめてたって今、思うんだ

时は今も流れ仆は君を想う
大切さを伝えたかった

ねぇ、君はいつか何処か
谁かをきっと好きになって
大人になって、他人になって
薄れていくだろう
仆はもう少し君を忘れるのには
まだかかりそうで
相変わらずの爱想笑いで
误魔化してばかりなんだ

ねぇ、谁も彼も孤独の中で
今日も息を吐いて
伤付け合って、慰め合って
暖め合いましょう
今も瞳の奥に焼き付いたまま
まだ离れないの
両手で塞いで、覆い隠して
忘れる日が来るから