雨夢楼 (feat. 鏡音リン、初音ミク)

Preview

Open KKBOX

Lyricist: ひとしずくP   Composer: ひとしずくP

◆◇雨梦楼◇◆

(リン)儚い言叶ね /虚幻般的那句话
「迎えに行くよ・・・待っていて」 /「我一定会来接妳的,等我」
时を重ね 季节が巡っても、まだ /即使时光流逝、季节转换
信じて 待ってる/仍然深信著、等待著

♥♥♥♥
♥♥♥
♥♥


(ミク)はらり 雪が舞う夜空/雪舞纷飞的夜晚
绽びた着物を着て/ 衣衫褴褛的和服
震える肩を寄せ合う 贫しい孤独な幼子/颤抖著双肩彼此依靠 困苦贫寒的孤


(リン)明るく笑う瞳は 俯き忧う瞳は/明亮灿笑的双瞳 哀伤低垂的眼眸
互いの伤を映して 生きることを誓った/互相辉映著伤痛 发誓要一起活下去

(ミク)宵暗に诱うは 花魁草(おいらんぞう)/诱惑深夜的花魁草
甘い蜜に舞う 夜の蝶 /围绕甘蜜飞舞那夜蝴蝶
(リン)绮丽な着物 なびかせて/舞动著华美和服
乱れて (咲かせて)/ 百花撩乱 (绽放)
谁より辉く华になって 魅せる/展现比谁都还要美的花朵

(リン)ねえ、儚い言叶ね/那句虚幻般的话语
「ずっと、一绪にいようね」/「一直,在一起吧」
季节が巡って、大人になっても まだ/即使季节转变 长大成人后
信じていいの?/仍旧可以相信吧?

(ミク)あの日から全て、始まった/那天是一切的起始
夕暮れに染まる 约束/染著夕阳的约定
寂しい心、気付かれぬように/像是未察觉孤寂的心情般
醒めない梦に 溺れてる/在醒不来的梦中 沉沦

♥♥♥♥
♥♥♥
♥♥


(リン)黄昏に染まる街で 人知れずに恋をした /黄昏色的街道 谈著一场不
为人所知的恋情
想いを告げることさえ/就连倾诉感情
叶わずに ただ见つめる/也无法实现 只能看著

(ミク)优しく笑う瞳の先に 微笑むその华/在那温柔笑著的双眼前 是微笑著
的花
密やかな恋心は 音をたてて 崩れた/秘密藏著的恋心 听到 崩坏

(リン)想い 想われが 常夜の调べ /整夜想著思考著
色なき暗の幻想よ/这样纯洁无色的情感
(ミク) “爱サレル”のが “シアワセ”ならば/是"爱情"吗? 但若是"
幸福"的话
ワタシは・・・ (アナタは・・・)/对我而言 (这样的妳)
谁よりずっと 幸せなはずなのに/应该比任何人都要来的幸福

(リン)ああ 儚い言叶ね /啊 虚幻般的话语啊
(レン)「迎えに行くよ・・・待っていて」/「我一定会来接妳的,等我」
(リン)「アイシテイル」と 言われる度に/听见「我爱妳」时
生きる価値、确かめて/就能确定生存的价值

(ミク)「でも、それなら何故 今すぐに/「可是,为什么不马上
攫っていってくれないの・・・?」/将我带走呢・・・?」
込み上げてきた 虚しい叫びは/浮出的念头 虚弱的叫喊
言叶にできず 消えていった/还没出口前就消失了

(合)夜明けとともに消えてく (伪物の爱の骸)/与黎明一同幻灭 (虚伪的爱
的骨骸)
全てが梦だったなら (泣かないでいられたのに)/若全数都只是梦 (那
么就不会流泪)
「いつまでも待ってるから」(宵暗に誓った约束は)/「不论多久都会等
你」 (在子夜中许下的誓言)
儚い华とともに 消えた/也与那虚幻般的花 消失殆尽

远い日の夕暮れ 约束 覚えてる?/还记得吗? 很久以前在夕阳下约定
「二人で并んで歩こうね」/「我们要一直在一起」
きっと、いつか/绝对会、 总有一天要

ああ 儚く消えてった/啊 如虚似幻般的消逝
可怜な华と 初恋よ/可怜的花 及初出的恋
季节が巡って 大人になっても/即使季节转变 长大成人
治らない伤迹 残して/伤痕无法治愈所以残留

夕暮れの夏の日 叶わない约束を今/向晚的夏日 至今无法实现的约定
私は独り たった独りで/我独自一人 孤单一人的
宛てもなく 待ち続ける/永无止尽的 等著

(リン)夕暮れに誓ったまま/就如同那天约定的那样
全てが梦だったなら・・・/若全都是梦的话・・・