Mugen

Lyricist: 新藤晴一    Composer: AK.HOMMA

仆が暗暗を恐れてるのは
いつか そのまま溶けていきそうだから
ほんの小さな灯りでもいいさ
仆は轮郭を取り戻す

冷えた指先を温めようと
自分の両手を合わせてみても
仆の悲しみが行き交うだけで
それは祈りの姿に似ていた

幻想とじゃれ合って 时に伤つくのを
あなたは无駄だと笑いますか?
元より この世こそが梦幻だとしたら
空架ける虹を行こう

仆が「永远」を好まないのは
今日の次にある明日を求めるから
过ぎた时间を重ねた上に乗って
やっと届く明日がいい

一人きりで生きられないほどは
弱くもないのは确かだけれど
谁かの瞳の中 映る仆はどうだ
影を抱いてはいないかなぁ?

现実がじゃれて来て いたずらにため息
小さな灯りを吹き消そうと
仆は駆け出していた 惜しみなく辉く
太阳の光のもとへ

幻想とじゃれ合って 时に伤つくのを
あなたは无駄だと笑いますか?
元より この世こそが梦幻だとしたら
空架ける虹を行こう

むせかえるほど热を帯びて吹く风は
あなたの髪も揺らしてますか?
限り无くは无限 梦幻が无限
遥かなる想いを吼える