Lyricist: Takuya Maeda   Composer: Takuya Maeda


歩きなれたこの道を一人今日も歩き帰路に着く顷
足取りは日替わり カレンダーめくり
あまりにも无理させられてる洗濯纽
横目に 交差点よこぎり コンビニ袋手に持ち ぼちぼちの调子
両耳イヤホンでチェキしてる新谱 调子良い心地です
赤く染まった空 ええ感じ 考え事 気持ち上の空に
别に闻きたくはない御托は夕日に放り投げたアンサー
ガードレール立て挂けた自転车 すっと伸びた影を目でおったり
しながらだらだら しがない事 否応なしって あらら

同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
同じ时刻 指してる针 いつもと同じ时间つたえる
同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
いつもと同じ

今日も明日も明后日もベルで 起こされ 寝ぼけ眼を擦って
一昨日もそんな朝やった わかる事増えて分からんくなった
チクタク 刻むジレンマ あん时の思い 今にキックバック
今やからわかる 事确かにある でもまだボケた远く轮郭
徐々にでもたしかに合うピント 道端から拾い上げたヒント
绝対なんてなんで言える? 可能性が常识を超える
寝てる头 细胞の中 思考回路に电気を走らせたら
立てるアンテナ 浮かぶアイデア
スイート&ビター ホニャララら

同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
同じ时刻を指してる针 いつもと同じ时间つたえる
同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
いつもと同じ

同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
同じ时刻を指してる针 いつもと同じ时间つたえる
同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
いつもと同じ

伤んだ屋根 张り替える大家
プレハスの壁一面のツタ
むしられた雑草 积まれた雑志と
雑踏を逃れた 细道 いつも
同じ所に置かれてた廃材が
雨に打たれて続け 表情を変えた
その脇に黄色い花が咲いた
今の自分には眩し过ぎた

同じ様な颜してる日々が
同じ时刻を指してる针
同じ様な颜してる日々が
同じ时刻を指してる针

同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
同じ时刻を指してる针 いつもと同じ
同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君が
今日はいつもと违う时を伝える

Organic melody feat.Takuya Maeda

Preview Open KKBOX

Lyricist: Takuya Maeda   Composer: Takuya Maeda


歩きなれたこの道を一人今日も歩き帰路に着く顷
足取りは日替わり カレンダーめくり
あまりにも无理させられてる洗濯纽
横目に 交差点よこぎり コンビニ袋手に持ち ぼちぼちの调子
両耳イヤホンでチェキしてる新谱 调子良い心地です
赤く染まった空 ええ感じ 考え事 気持ち上の空に
别に闻きたくはない御托は夕日に放り投げたアンサー
ガードレール立て挂けた自転车 すっと伸びた影を目でおったり
しながらだらだら しがない事 否応なしって あらら

同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
同じ时刻 指してる针 いつもと同じ时间つたえる
同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
いつもと同じ

今日も明日も明后日もベルで 起こされ 寝ぼけ眼を擦って
一昨日もそんな朝やった わかる事増えて分からんくなった
チクタク 刻むジレンマ あん时の思い 今にキックバック
今やからわかる 事确かにある でもまだボケた远く轮郭
徐々にでもたしかに合うピント 道端から拾い上げたヒント
绝対なんてなんで言える? 可能性が常识を超える
寝てる头 细胞の中 思考回路に电気を走らせたら
立てるアンテナ 浮かぶアイデア
スイート&ビター ホニャララら

同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
同じ时刻を指してる针 いつもと同じ时间つたえる
同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
いつもと同じ

同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
同じ时刻を指してる针 いつもと同じ时间つたえる
同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
いつもと同じ

伤んだ屋根 张り替える大家
プレハスの壁一面のツタ
むしられた雑草 积まれた雑志と
雑踏を逃れた 细道 いつも
同じ所に置かれてた廃材が
雨に打たれて続け 表情を変えた
その脇に黄色い花が咲いた
今の自分には眩し过ぎた

同じ様な颜してる日々が
同じ时刻を指してる针
同じ様な颜してる日々が
同じ时刻を指してる针

同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君は
同じ时刻を指してる针 いつもと同じ
同じ様な颜してる日々が デジャヴかって颜してる君が
今日はいつもと违う时を伝える