汀に咲く ~migiwanisaku~

Lyricist: TOSHI-LOW    Composer: BRAHMAN

别れの时近づいた
时计は针を止めたまま
胸の奥に鸣り响く
鼓动だけが时を刻んでる

心当たる胸の奥
远くに消えた微笑みと
隠しきれぬ绽びは
望んでいない会话を止めた

窓の向こうに行く番と
列を离れて见上げた暗を

満天の空に照らされる
几千年も前の眩しさに
いつの间にかうつろう
雨渗んだ街へ

一つを分け微笑んだ
二つに増えて笑ってた
一人きりが寄り添った
二人だけが时を知っていた

静かに照らす月影は
濡らし始めた背中に消える

百三十里离れそばにいる
散散の荒野生き抜くよう
押し寄せては散るまで
汀に咲く

浮かんで消えた 手招きの光
霞んで浮かぶ 手招きの光
叫んで泣いた 手招きの光
一人じゃないさ 手招きの光

満天の空に照らされる
几千年も前の眩しさに
いつの间にか うつろう
雨渗んだ

百三十里离れそばにいる
散散の荒野 生き抜くよう
押し寄せては散るまで
汀に咲く场所へ

浮かんで消えた 手招きの光
霞んで浮かぶ 手招きの光
叫んで泣いた 手招きの光
汀に咲く场所へ