メタル組曲 -Transilvania-

Lyricist: BingoBongoP    Composer: BingoBongoP

月夜の夜 暗を駆け抜ける 鉄の车轮を
音も无く运ぶ 奈落の森 その奥深く
今宵もまた 秽れさえ知らぬ その血求めて
窓の外彷徨う 黒き影が 舞う
冻りつくよな 眼差しと 嗫く声で 诱わせて
络みつく吐息に 诱い込まれ
白き首筋へと 忍び寄る 诱惑の影

目瞬きすら する间もなく
目を开けても 何も见えず
声を上げても 届かない
捧げた 二つの 伤から
终わりなき 久远の日々が 覚醒する
虚ろに 抱かれながら

镜に映し出した 苍ざめた私の肩を抱いた
贵方が差し出したのは 私のための小さな棺
流れゆく私の命が 儚く散る花弁の様に
敷き诘めた真红の 花园に抱かれて眠り
私が消えてゆく 雾がけぶる暗を抜けて
辿り着いたのは贵方の城
壁に掲げた朽ち果てた肖像は
悲しげに微笑む 月明かりが窓を射して
照らしだしたのは白のドレス
贵方がくれた永远の夜がいま 静かに访れる

覚え无き喉の渇きと
押さえきれぬこの手の震えが
欲望のままに私を目覚めさせる狂気の开放
研ぎ澄まされた 痛みにも似た感覚が
私のなか蠢く そしていつしか
罪无きものを贪り喰らう 非情の性に目覚める

静かな夜足元を照らす月の光と
まどろみに揺れる邪悪の森木々がざわめく
今夜もまた渇きを润すその血求めて
眠りにつく街を黒き蝶が舞う
忧いに満ちた眼差しと 濡れる素肌で 诱わせて
强かに贵方を 包み込んで
魔境の旅路へと诱いこむ妖艶の罠
あやかしの言叶交わして 背中へ刻む爪痕で
缚り付けたら逃がさない 夺った二つの伤から
溢れ出す生命の欠片暗へ溶かす
运命に巻かれながら

目瞬きすらする间もなく 目を开けても何も见えず
声を上げても届かない 捧げた二つの伤から
终わりなき久远の日々が 覚醒する
虚ろに抱かれながら