Rain-SID

Lyricist: マオ    Composer: ゆうや

六月の嘘 目の前の本当 セピアにしまいこみ
寄り添うとか 温もりとか わからなくなってた

「君はひとりで平気だから…ね」と 押しつけて さよなら
その类の気休めなら 闻き饱きた筈(はず)なのに

鸣り止まない 容赦ない思い出たちは 许してくれそうにもない
目を闭じれば 势いは増すばかりで 远巻きで 君が笑う

雨は いつか止むのでしょうか ずいぶん长い间 冷たい
雨は どうして仆を选ぶの 逃げ场のない 仆を选ぶの

やっと见つけた 新しい朝は 月日が邪魔をする
向かう先は 「次」じゃなくて 「过」ばかり追いかけた

慰めから きっかけをくれた君と 恨めしく 怖がりな仆
そろそろかな 手探り 疲れた頬を 葛藤がこぼれ落ちる

过去を知りたがらない瞳 洗い流してくれる指
优しい歩幅で 愈す伤迹 届きそうで 届かない距离

雨は いつか止むのでしょうか ずいぶん长い间 冷たい
雨は どうして仆を选ぶの 包まれて いいかな

雨は 止むことを知らずに 今日も降り続くけれど
そっと 差し出した伞の中で 温もりに 寄り添いながら