この時代を生き抜くために

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

世界中で争いが绝えないと 连日ニュースで
知らされながらも
仆らは仆らで 平凡な日々に もうギブアップ状态 病んで疲れてる

想像以上に 騒々しいこの地球(ほし)で
正义も悪もない この时代を生き抜け

真実とか爱だとか 欲しがるくせに仆ら
隣人ですら爱せやしない いつだって
后ろめたい事実(こと)ばっか でも前を向いていたい
ただひたすら 这い上がれ

幼き日々に见てた未来は もっと辉いてたはずなのに
これっぽっちも感じてないのは社会のせい? 仆のせい? それとも

突然 君がサヨナラのメールを 仆にくれたからかなぁ なんてね

だけど生きるしかなくて そこに何の意味もなくて
それでも人は 爱し爱されたいと愿ってる
争いも差别もない 平等な世界なんてと
ぼやくぐらいなら 梦など见ない

ゆとりをもって育てられた仆らよ
容赦ない现実に 彷徨い 挑んでくだけ

だから生きるしかなくて そこに何の意味もなくて
それでも人は 爱し爱されたいと愿ってる
后ろめたい事実(こと)ばっか でも前を向いていたい
ただひたすら 这い上がれ
呜呼 仆らはまだ 梦を见れる