蜜と遠吠え

Lyricist: 川谷絵音    Composer: 川谷絵音

曇り空、蜜の味
記憶違い、あなた、さようなら
甘い蜜を求めて
さよなら繰り返す 繰り返す

曇り空、蜜の味
記憶違い、あなた、さようなら
甘い蜜を求めて
さよなら繰り返す 繰り返す

罪が積み重なって
かえりみるまでもなく過ぎ去っていく
それでも僕は
誰に何を言われてもあなただけを
守りたいな

どうして最後が愛しくて
どうしてこんなに悲しいんだ
生き散らした証に涙した
遠吠えみたいな恋でも
行方はあなただって
思って生きていくよ
命を灯して さあ行こう

曇り空、蜜の味
記憶違い、あなた、さようなら
甘い蜜を求めて
さよなら繰り返す 繰り返す

ハートがギスギスし合った
薪をくべるように負が連鎖した
そんなような毎日にご褒美の光が
ほんのちょっとでもあれば
僕は頑張ってしまう
誰かの闇の反作用で与えられたものであっても
蜜には代え難いから
それを掬い出すんだ

どうして最後が愛しくて
どうしてこんなに悲しいんだ
生き散らした証に涙した
遠吠えみたいな恋でも
行方はあなただって
思って生きていくよ
命を灯して
さあ行こう

あなたは違うと思ってた
僕も違うと思ってた
思い込みの先にあるのは
甘くない秘密のさよなら
それでもハートを掴んでた
痛そうなあなたを見ていた
でももう少しで壊れそうだった
僕はそっと手を緩めた

どんな感度の愛だった?
僕は最後で極まった
意地悪なやり取りは切ないな
あんなに夢中になったのに
あんなに傷付け合ったのに
無駄だったとは思わない
でもいつもそれは僕だけかもしれない

曇り空、蜜の味
記憶違い、あなた、さようなら
甘い蜜を求めて
さよなら繰り返す
繰り返す