Overflow

Lyricist: 黑田俊介    Composer: 黑田俊介



青くにじむ月のしずく
あおくにじむつきのしずく
ao ku nijimu tsuki no shizuku

湖にそっとこぼれ落ちる
みずうみにそっとこぼれおちる
mizuumi ni sottokobore ochi ru

途切れ始めた 言葉のように
とぎれはじめた ことばのように
togire hajime ta kotoba no youni

水際に浮かぶ木の葉は
みぎわにうかぶきのはは
migiwa ni ukabu kino hawa

漂いやがて身を寄せ合う
ただよいやがてみをよせあう
tadayoi yagate miwo yose au

出会った頃と重ねてみる
であったころとかさねてみる
deatta koro to kasane te miru

ぎこちない笑顔が
ぎこちないえがおが
gikochinai egao ga

涙でうるんでく
なみだでうるんでく
namida de urundeku

最後の優しさが
さいごのやさしさが
saigo no yasashisa ga

肩を抱き寄せるから
かたをだきよせるから
kata wo daki yose rukara

ひとときの 温もりだとしても
ひとときの ぬくもりだとしても
hitotokino nukumori dato shitemo

自分を傷つけたとしても
じぶんをきずつけたとしても
jibun wo kizutsuke tato shitemo

そこに愛がないと
そこにあいがないと
sokoni ai ga naito

分かっていても
わかっていても
wakatte itemo

今は身をゆだねよう
いまはみをゆだねよう
ima wa miwo yudaneyou



いつの間にか気付いてた
いつのまにかきづいてた
itsuno mani ka kiduite ta

戻れない場所がある事を
もどれないばしょがあることを
modore nai basho ga aru koto wo

あなたはそばに心は遠くに
あなたはそばにこころはとおくに
anatawa sobani kokoro wa tooku ni

舟は水面をすべり出す
ふねはすいめんをすべりだす
fune wa suimen wo suberi dasu

風のまにまにゆっくりと
かぜのまにまにゆっくりと
kaze no manimani yukkurito

そして つないだ手が
そって つないだてが
sotte tsunaida tega

ほどけてく
ほどけてく
hodoketeku

傷ついた水鳥が
きずついたみずとりが
kizutsuita mizutori ga

羽を休めては
はねをやすめては
hane wo yasume tewa

白んでく空の果てに向かい
しらんでくそらのはてにむかい
shirande ku sora no hate ni mukai

はばたいて行く
はばたいてゆく
habataite yuku

凍える夜の闇をこえて
こごえるよるのやみをこえて
kogoe ru yoru no yami wo koete

けむる迷いの 森をぬけて
けむるまよいの もりをぬけて
kemuru mayoi no mori wo nukete

輝き探して
かがやきさがして
kagayaki sagashi te

未来へと手を伸ばす
みらいへとてをのばす
mirai heto tewo nobasu

そして疲れ果てた時
そしてつかれはてたとき
soshite tsukare hate ta toki

月の影で夢を見る
つきのかげでゆめをみる
tsuki no kage de yume wo miru