永不鬆懈

Lyricist: 山下穂尊    Composer: 山下穂尊

あたしの想いよ風に乗れ 今すぐに知らぬうちに 行け
届いた雲の中の言葉 うっさらと 解りかけた 自分

日々の脆さに半ば諦めかけていたのは 浮ついたあたしの心で
何かに捕まるあたしの弱さはもうたくさん 飾らない強さを纏うわ

行き交う人の流れに逆らい 今あたしは何処へと向かうのだろう
徒然なる夜には 月明かりの中で君を思い出そう

生まれた有りっ丈の声よ ひたすらに伸びやかに 行け
途切れた行くあてのない道 いつの間に忘れていた 自分

孤独さの上に見たものとは何だったのか 気が付いた日々の重さを
ある一定の距離を計ろうとしていたんだ 遠ざかる明日をめざして

行き交う人の流れを掻き分け 今あたしは何かを探すのだろう
敬虔なる祈りは 月明かりの中で何を奏でよう

弛まぬ時の流れに 今あたしは
何を思い何を見て何を感じながら生きるだろう
恐れるこそそれすら包み込める 全て愛し続けよう

過ぎ行く人の流れに逆らい いざあたしは明日へと踏み出すから
確かなもの一つを手に入れたら いつの日か君と分かつ

果て無き旅路の上に今あたしは君を想い
夢を歌い 日々を感じながら生きてゆこう
息づくこの歌がね、きっと届く 弛まぬ流れの中で…