紅色禮服

Lyricist: 小竹正人    Composer: Hiroki Sagawa

そうやってあなたはまた 旅立つの
就這樣你再度啟程遠遊

私はあなたを ただ見送ります
而我只能目送你離開

男は未来だけを 追いかけて
男人追逐的是未來

女はその未来を 待ち続けている
而女人卻只能無限等待那未來

広がる夕焼け…紅 それをドレスに仕立て
晚霞蔓延... 將那片紅裁剪成連衣裙

見てよ見てよ私を忘れずにいてくださいと
看吧看吧請勿將我忘懷

素肌に羽織ってせめてもの笑みを浮かべて
我裸身披上紅裙 硬是擠出一抹微笑

手を振るわ 早く早く あなた帰ってきて
向你揮手 願妳早日 早日歸來

本当は 未来なんかよりも 瞬間の方が欲しいです
其實比起什麼未來 更想擁有眼前的瞬間

逢いたくってたまらない時間は淋しすぎるんです
想見你到無法自拔的時間也太過難熬

孤独がシクシクと痛む寒い夜長は
在這寒冷的漫漫長夜裡寂寥再也按奈不住地揪起心

涙がしゅるるしゅるり濃黒の闇を流れてしゅるる
淚水漣漣 靜靜淌過這無邊的黑夜 淚漣漣

もしかしてこれがもう最後かも
或許這已經是最後一次

もしかしてもう二度と逢えないのかも
或許我們再也無法相見

男は決意だけを 告げて行く
男人離開時只將決心宣告

女は約束ばかり 欲しがってしまう
而女人卻一味奢望他口中的承諾

燃えるはこの胸…紅 それをドレスに染めて
胸口燃燒... 將那般紅染上裙

抱いて抱いてすぐにもこの愛を抱いてくださいと
抱緊抱緊 請盡快來抱緊這份愛

木枯らし揺らした衣擦(きぬず)れの音聞きながら
我聽著寒風吹動衣擺 沙沙作響的聲音

伝えます きっときっと あなた戻ってきて
默默許願 請一定一定 要回到我身邊

本当は どんなときでさえ あなたとふたりでいたいです
其實不論甚麼時候 都想和你兩個人在一起

ひとりで泣きじゃくるくらいならいっそ傷つきたい
與其任我一人孤獨啜泣不如將我傷得更深

叶わぬ恋になるなんて…それだけは嫌
兩個人的緣分走到盡頭...是我唯一不想要的結果

月夜をしゅるるしゅるり彷徨い続けてあなたに逢いたい
我於月夜下漫無目的無止無休地排回 只盼與你相見

「花の色は うつりにけりな」と 私は空に詠むたび
「櫻色褪盡紅顏安在」 每每舉頭吟誦起前人詩句

愛されている証が 欲しくてたまらなくなる
都迫切地想要確定 是否為你所愛

永遠誓うには 頼りなくってくちびるを噛んだ
不敢與你共誓永恆 唯有咬唇作罷

本当は 未来なんかよりも瞬間の方が欲しいです
其實比起什麼未來 更想擁有眼前的瞬間

逢いたくってたまらない時間は淋しすぎるんです
想見你到無法自拔的時間也太過難熬

孤独がシクシクと痛む寒い夜長は
在這寒冷的漫漫長夜裡寂寥再也按奈不住地揪起心

涙がしゅるるしゅるり濃黒の闇を流れて…
淚水漣漣 靜靜淌過這無邊的黑夜...

本当は どんなときでさえ あなたとふたりでいたいです
其實不論甚麼時候 都想和你兩個人在一起

ひとりで泣きじゃくるくらいならいっそ傷つきたい
與其任我一人孤獨啜泣不如將我傷得更深

叶わぬ恋になるなんて…それだけは嫌
兩個人的緣分走到盡頭...是我唯一不想要的結果

月夜をしゅるるしゅるり彷徨い続けてあなたに逢いたい
我於月夜下漫無目的無止無休地排回 只盼與你相見