發條之夢

Lyricist: 秋元康    Composer: 山本加津彥

駅のホームの端 ずっと手を振ってた
在車站月台邊 你不斷的揮著手
最後の制服を着た君が目に浮かぶよ
想起了你最後一次穿制服的身影
あれから一年の季節が巡ったのに
那之後明明一年四季已更迭交替
僕が住む都会は桜まだ咲いてない
我住在的城市櫻花卻仍未綻放

何のため誰のため大学に通うんだろう?
是為了什麼為了誰而讀了大學呢?
今日もまた講義をサボりずっとアパートで寝てた
今天又翹了課一直在公寓裡睡著

忘れてください 僕なんか…
請忘了吧 像我這種人...
ゼンマイ仕掛けの夢から覚めた
已從發條之夢中醒來了

絶対迎えに行く固い約束して
絕對會去迎接你的 你堅守承諾
電車を追って走るその姿に泣いた
奔跑著追著電車的身影使我落淚
メールをもらっても 理想と現実に
就算收到了簡訊 在理想和現實裡
言葉が見つからず返信できなかった
找不到適合的詞彙而無法回復

将来とは?人生とは?思うようにならないもの
所謂將來?所謂人生?就是無法如願的東西
バイトして朝まで遊び少し悪いこともした
打過了工 熬過了夜 也稍微做了些叛逆的事

忘れてください いい思い出は…
請忘了吧 那些美好的回憶
僕は僕じゃない抜け殻さ
我已不再是我 只剩下空殼

何があってもずっと君は故郷(ふるさと)で暮らして
就算發生了什麼你也要一直在待在家郷生活
僕よりもっと素敵な男(ひと)見つけて結婚してください
請找個比我更好的人結婚吧
夜空のあの星は手に届かないから美しい
夜空的星星因無法觸及而顯得美麗
いつもそばにいてくれる愛が一番大切だ
總是在身旁給予的愛才是最重要的

忘れてください 僕なんか…
請忘了吧 像我這種人…
ゼンマイが切れた不良品
只是斷了發條的不良品