僕らは死んでゆくのだけれど

Lyricist: 森山直太朗/御徒町凧    Composer: 森山直太朗/御徒町凧

僕らは死んでゆくのだけれど
今はこうして生きてるような
涙も知らぬ静かな夜は
あなたを抱いてただ眠りたい

僕らは死んでゆくのだけれど
夕日はそれでも奇麗なそうな
重なる影を飛び越してゆく
家なき子らに未来はいらぬ

僕らは死んでゆくのだけれど
何故にわざわざ生まれてきたか
誰も教えちゃくれないけれど
死にゆく者は皆したり顔

僕らは死んでゆくのだけれど
風も吹かないあの交差点
言葉の向こうに散りゆく花よ
それを見ているあなたが好きで

僕らは死んでゆくのだけれど
死にゆく時を誰も知らない
出会いの綾を指で絡めて
次の列車をまた待ちぼうけ
次の列車をまた待ちぼうけ