Sister

Lyricist: 新藤晴一    Composer: ak.homma

東の海に舟を浮かべて誰より早く朝を迎えに
風が便りを運ぶと言うなら
僕に宛てた風は吹いていない

あなたのために祈る事なら今の僕にも許されるでしょう
流れ流れて漂う先で懐かしい日々を思い出してる

悲しみが友の様に語りかけてくる
永遠に寄りそって僕らは生きていく

数えきれない人の涙で夜明け前の海は今日も蒼い

あなたの欠けた世界は今や無秩序にただ組み立てられて
ギリリギリリと軋みながらもそれでもまた再び動きだす

この季節咲き誇る白い花を摘んで
波の間にあずけようあなたに届けばいい

いつもの様に赤い日傘を差したあなたが拾ってくれたら

鐘の音が岬を臨む教会から響く
美しいシスターの祈りを乗せ人の心にも
時間の移りを優しく告げていく

悲しみが友の様に語りかけてくる
永遠に寄りそって僕らは生きていく

西の海まで舟は流れてたそがれと一緒に沈めばいい
明日になったら会えるのかな