Zutto 永遠...

Lyricist: 浜崎あゆみ    Composer: 多胡邦夫

舞い落ちる 粉雪が
君の まつげに降りて
泣いている ような笑顔に
愛 しさ募った

誰よりも 幸せになって欲しい
心からそう思った
それがもし 例えばもし
一緒に叶えられるなら

ずっと ずっと 私だけの
恋でいて 欲しいなんて ワガママすぎかな
でもねきっと 君が僕の
最後のたったひとりの
人だから


それなのに 時々ふと
どこか もの悲しいのは
この雪と 季節のせいに
してしまおうかな

世界中が私達を残して
どこか消えてしまったみたい
だなんて 言ったら君は
きっと笑うんだろうね

ずっと ずっと 出会った頃の
2人でいたいなんて 求めすぎてるかな
でもね きっと 君とだから
それさえ 叶うような
気がするよ


ずっと ずっと 私だけの
恋でいて欲しいなんて ワガママすぎかな

ずっと ずっと 出会った頃の
2人でいたいなんて 求めすぎてるかな
でもね きっと 君とだから
それさえ 叶うような
気がするよ