Ti Amo 我愛你

Lyricist: Kiyoshi Matsuo    Composer: Jin.Nakamura・Kiyoshi Matsuo

日曜日の夜は ベットが広い
眠らない想い 抱いたまま 朝を待つ
帰る場所がある あなたのこと
好きになってはいけない 分かってた 初めから

どれだけの想いならば 愛と呼んでいいのでしょうか
この胸を締め付けてる気持ちに名前をください

キスをするたびに 目を閉じてるのは 未来(あした)を見たくないから
抱きしめられると ときめく心は あなたをまだ信じてる
声に出さないまま 「愛してる」と叫ぶの

お決まりの台詞 なぞるだけの
遊びのような恋には向いてない 昔から

誰ひとり傷つけない恋を 人は愛と呼ぶけど
この罪を背負いながら 生きてく覚悟はできてる

部屋を出る時は「さよなら」じゃなくて「お休み」と言って欲しい
終止符くらいは私に打たせて それが最後のわがまま
一人きりではもう ラブソング歌えない

もっと早く会えたら あなたと知り合えたら
二人の歩幅も合わせられたのに
もっと長く会えたら あなたと向き合えたら
二人は心も重ねてた(Ti Amo )

キスをするたびに 目を閉じるのは 未来(あした)を見たくないから
抱きしめられると ときめく心が あなたをまだ信じてる
声に出さないまま 「愛してる」

「僕は弱いね」と 自分から告げた ずるい人だわ あなたは
時計を外して 微笑んでくれる 優しい人ね あなたは
笑顔崩さないで 嘘を見抜きたくない