あまり行かない喫茶店で

Lyricist: 安部勇磨    Composer: 安部勇磨

飲めない珈琲 飲み干して僕は
大人になった 気分でいるんだ
お店を出れば 雨が上がって
路面電車が 走り出す

あなたと二人 街を出ようか
小さな家を買って
部屋にはピンクの ペンキを塗って
庭には犬を 走らせよう

あなたのように なりたいなんて
思ってみたが 僕は違うな
お店を出れば 雨が上がって
商店街が いい匂い

あなたと二人 川沿いを歩いて
小さな家を買って
部屋にはピンクの ペンキを塗って
庭には犬を 走らせよう

濡れてしまった 自転車に乗れば
今にも切れそうな チェーンが回り
夕暮れ時の 冷たい風が
調子はどう?と 問いかける

あなたと二人 川沿いを歩いて
小さな家を買って
何てことのない 絵を飾って
何てことのない レコードをかけて
部屋にはピンクの ペンキを塗って
庭には犬を 走らせよう 走らせよう 走らせよう