曾經我也想過一了百了

Lyricist: 秋田ひろむ    Composer: 秋田ひろむ

(僕が死のうと思ったのは)

僕が 死のうと 思ったのは
ウミネコが桟橋で 鳴いたから
波の随意に 浮かんで消える
過去も啄ばんで 飛んでいけ

僕が 死のうと 思ったのは
誕生日に杏の花が咲いたから
その木漏れ日で うたた寝したら
虫の死骸と 土になれるかな

薄荷飴 漁港の灯台 錆びたアーチ橋 捨てた自転車
木造の駅のストーブの前で どこにも旅立てない心
今日はまるで昨日みたいだ
明日を変えるなら今日を変えなきゃ
分かってる 分かってる けれど

僕が 死のうと 思ったのは
心が空っぽに なったから
満たされないと 泣いているのは
きっと満たされたいと願うから


僕が 死のうと 思ったのは
靴紐が 解けたから
結びなおすのは 苦手なんだよ
人との繋がりもまた然り

僕が 死のうと 思ったのは
少年が僕を 見つめていたから
ベッドの上で 土下座してるよ
あの日の僕に ごめんなさいと

パソコンの薄明かり 上階の部屋の生活音
インターフォンのチャイムの音
耳を塞ぐ鳥かごの少年
見えない敵と戦ってる 六畳一間のドンキホーテ
ゴールは どうせ醜い ものさ

僕が 死のうと 思ったのは
冷たい人と 言われたから
愛されたいと 泣いているのは
人の温もりを知ってしまっ たから


僕が 死のうと 思ったのは
あなたが 綺麗に 笑うから
死ぬことばかり 考えてしまうのは
きっと生きる事に真面目すぎるから

僕が 死のうと 思ったのは
まだあなたに出会ってなかっ たから
あなたのような 人が生まれた
世界を少し好 きになったよ
あなたのような 人が生きてる
世界に少し 期待するよ