Umbrella

Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎

アンブレラ ── Umbrella

覚えてますかこのべンチ
おぼえてますかこのベンチ
oboe te masuka kono benchi

角の少し欠けた
かどのすこしかけた
kado no sukoshi kake ta

レモン色がまぶしく
レモンいろがまぶしく
remon iro ga mabushiku

今日も光ってます
きょうもひかってます
kyou mo hikatte masu

手さえ握れなかった
てさえにぎれなかった
te sae nigire nakatta

2人だったけど
ふたりだったけど
futari datta kedo

この上ならギュッと強く強く
このうえならギョッとつよくつよく
kono ue nara gyutto tsuyoku tsuyoku

今日起こった
きょうおこった
kyou okotta

すべての出来事
すべてのできごと
subete no dekigoto

君は僕のこと
きみはぼくのこと
kimi wa boku no koto

日記のように
にっきのように
nikki no youni

毎日話してくれたね
まいにちはなしてくれたね
mainichi hanashi te kuretane

今も目に浮かぶ最高の時間
いまもめにうかぶさいこうのじかん
ima mo me ni ukabu saikou no jikan

そして五年が過ぎました
そしてごねんがすぎました
soshite gonen ga sugi mashita

昨日街で
きのうまちで
kinou machi de

君と同じ傘の子を見た
きみとおなじかさのこをみた
kimi to onaji kasa no ko wo mi ta

振り返ったその時
ふりかえったそのとき
furi kaetta sono toki

時が止まった
ときがとまった
toki ga tomatta

気がついて近づいて
きがついてちかづいて
ki ga tsuite chika duite

目が合ってす違った
めがあってすちがった
me ga atte su chigatta

離れて振り返って
はなれてふりかえって
hanare te furi kaette

笑顔がかけよって
えがおがかけよって
egao ga kakeyotte

抱き合った
だきあった
daki atta

離れて初めて自分て
はなれてはじめてじぶんて
hanare te hajime te jibun te

弱いってわかって
よわいってわかって
yowaitte wakatte

泣きそうでこらえた
なきそうでこらえた
naki soude koraeta

今日は一緒にいよう
きょうはいっしょにいよう
kyou wa issho ni iyou



懐かしい目は今も変わらず
なつかしいめはいまもかわらず
natsukashii me wa ima mo kawarazu

そこにあるんだ
そこにあるんだ
sokoni arunda

眉をひそめるその表情も
まゆをひそめるそのひょうじょうも
mayu wo hisomeru sono hyoujou mo

指のしぐさも
ゆびのしぐさも
yubi no shigusamo

同じまんまで
おなじまんまで
onaji manmade

いてくれたんだね
いてくれたんだね
itekure tandane

時の速さに消される事なく
ときのはやさにけされることなく
toki no hayasa ni kesare ru koto naku

だけど心は違う誰かに
だけどこころはちがうだれかに
dakedo kokoro wa chigau dare kani

染められていた
そめられていた
some rarete ita

友達という
ともだちという
tomodachi to iu

言葉の意味を知る…
ことばのいみをしる…
kotoba no imi wo shiru

「またね」って
「またね」って
matane tte

見知らぬ誰かと手を振って
みしらぬだれかとてをふって
mishiranu dare kato te wo futte

消えてく君の手握って
きえてくきみのてにぎって
kie teku kimi no te nigitte

奪ってしまいたい
うばってしまいたい
ubatte shimaitai

なんてね思ってかけだして
なんてねおもってかけだして
nantene omotte kake dashite

とどまった
とどまった
todomatta

また我に帰って笑顔で
またわれにかえってえがおで
mata ware ni kaette egao de

「いつかまた会おう」って
「いつかまたあおう」って
itsuka mata aou tte

偶然のイタズラか
ぐうぜんのイタズラか
guuzen no itazura ka

またそこですれ違った
またそこですちがった
mata sokode su chigatta

離れて振り返って
はなれてふりかえって
hanare te furi kaette

笑顔で「バィバィ」って
えがおで「バイバイ」って
egao de baibai tte

手を振った
てをふった
te wo futta

離れて初めて自分で自分を
はなれてはじめてじぶんでじぶんを
hanare te hajime te jibun de jibun wo

わかって
わかって
wakatte

泣きそうでこらえた
なきそうでこらえた
naki soude koraeta

今日はゆっくり帰ろう
きょうはゆっくりかえろう
kyou wa yukkuri kaerou