黃昏

Lyricist: アンジェラ・アキ    Composer: アンジェラ・アキ

バスの窓越しに映る黄昏
彼女の切ない間違いと共に
沈んで行く夕日が物悲しい
二つの重たいカバンの中には
今までの人生を全て詰め込み
大切に膝の上で抱えてる
今度は新しい町 新しい人と幸せになる
こして 精神の実情維持する
彼女は美しいほうしゃ
never finding peace , never finding love

町に着いたら
雨脚を強くびっしょ濡れの彼女に
傘を差し出す やさしい笑顔の人が現れた
食事をしただけで 運命を感じ
彼女はかれとの生活を始め
幸せに溢れた日々をおくった
ある時 朝と夜との二つの顔持つ彼に変った
抵抗をすればする程
体のあさが増えて行くだけ
where is the peace , where is the love

決意の瞬間がまたやがって来た
手離せない物をカバンに入れて
彼女はバス亭を目指し歩いた
新しいスタートを切りたいのなら
ふるい荷物を投げ出して
手ぶらで あなたの旅を始めたほうがいい
今度は新しい町 新しい人と幸せになる
where she find peace where she find love
バスの窓越しに映る黄昏
彼女が何度も持ってきた夕日は
なに色に今日は見えるのだろうか