紅酒與前菜

Lyricist: 手嶌葵・北村岳士    Composer: TATOO

自慢のワインを開ける日は とびきりのレシピで
やみつきになるアンティパスト ワインに寄り添うの

少し軽目なロッソには スパイシーな料理で
同じテーブルに並べば 最強の恋人

グリッシーニにプロシュート巻いて ルッコラを少しだけ添えるの
オリーブオイルと隠し味に 大好きになるおまじない

ヴィシソワーズに浮かんでる パセリとクルトンは
待ちきれずにソワソワと少しだけ揺れてる

ワイングラスを磨いてる あなたの横顔は
とろけるような魔法の味 まだ知らないの

ふわふわなムースのように 天に昇る気分
アヒージョみたいに溺れて おいしさ逃がさない

ニョッキを美味しく茹でるために ぬるま湯なんかじゃ許されない
理想と現実のボロネーゼ よく混ぜて美味しく出来上がり

スパゲティーニ リッジ コンキリエ パスタにもいろいろ
私たちのスタイルで楽しく行きましょう

デザートを運ぶあなたは 少し得意そうに
苦くて甘い 冷たくて熱い 特製アフォガート

コーヒーかけただけでしょ