如果地球是圓的

Lyricist: 秋元康    Composer: 山下孝之

砂浜を歩いて
さざ波を跨(また)げば
白い泡たちが横に並び
どこか遠い海へと向かう

濡れたサンダルは乾くけど
口に出した言葉は消えない
頭の中 ぐるぐる
浮かんでは沈んだり…

もし 地球が丸いのなら
またきっと 帰って来る
水平線(ホライズン)の彼方から
そう 海流に乗って いつの日か
輝いた情熱と愛の日々

流木はようやく
岸へとたどり着く
自分の意思でなく潮のままに
ただ流されて来たと語る

運命論者じゃあるまいし
すべて決まってたわけじゃない
二人のこの足跡
並んでるのはなぜか?

もし 出会いが偶然なら
さよならも巡り合わせ
抗(あらが)えるわけないでしょう
ねえ いろいろとあって ここに来て
見つめ合う愛しさと悲しさと…

もし 地球が丸いのなら
またきっと 帰って来る
水平線(ホライズン)の彼方から
そう 海流に乗って いつの日か
輝いた情熱と愛の日々